効果的な成分

超音波の設備

葉酸はビタミンの一種で、遺伝子に深く関わるDNA、RNAを構成する物質の合成に不可欠な栄養素です。日本人の食生活では葉酸の摂取量は必要量を満たしていると言われていますが、妊婦の場合普通の人の2倍近くの摂取が推奨されているため、不足しがちです。 葉酸は赤ちゃんの脳や神経を作る過程で重要になるため、心がけて摂取したい栄養素のひとつです。妊娠が判明した時にはすでに数週が経過している場合も少なくないため、妊活中から摂取を心がけることが推奨されます。 葉酸はホウレンソウやブロッコリー、アスパラといった身近な野菜や、女性に人気のアボカドにも多く含まれます。うなぎやレバー、納豆や海藻、果物などからも摂取することができます。

葉酸は紹介したように様々な食品に含まれているため、普段の食生活で野菜や大豆製品を取り入れ、バランスのよい食事を心がける必要があります。葉酸は水や熱に弱いため、調理前に洗う時は素早く洗う、加熱調理の際は汁ごと食べれるようなレシピで水にとけた葉酸もしっかり体内に入れる、といったような少しの工夫で、より効率的に摂取することが可能です。 しかし、料理は得意ではない、あるいは面倒という方も中にはいるでしょう。そんな方でも、サプリメントで必要量を補うことが可能です。サプリメントは薬局やインターネットで容易に手に入れることができ、商品によっては妊婦に必要なビタミン、ミネラルといったほかの栄養も同時に摂取できるというメリットがあります。 自分にあった摂取方法で、妊活中から葉酸の摂取を意識していくことが大切です。